ラミクタールを始めとする抗てんかん薬、抗うつ薬などは正しい方法で断薬を行わなくてはなりません。しっかりとした知識を持って、正しくご利用になるためのアドバイスをお伝えします。

ラミクタール画像

ラミクタールの離脱症状

 ラミクタールはてんかん発作の予防薬として服用されている薬です。脳神経の興奮をしずめ、てんかん発作を抑える働きがあります。ことに子供に発症するレノックス・ガストー症候群に効果があることで知られています。また、抗躁うつ病薬としても広く使われています。
 ラミクタールについては副作用として発疹やただれなど、皮膚症状が見られることが知られていますが、離脱症状についてはほとんど認められません。例えばラミクタールを服用していてそうした皮膚障害が現れた場合、急に中止したとしても、これと言った症状を見せる人はまれです。中に気分がもやもやするなどの症状を訴える人が居ますが、むしろ飲まなくなったことで抑えていた本来の病気の症状が顔を出した、という方が適当でしょう。そういう意味では安心して服用できる薬と言えるでしょう。
 ラミクタールはネット販売でも購入することが出来ます。何らかの事情でそれまで服用していた薬を急に止めることには不安が伴います。離脱症状がほとんど見られないとしても、不安なことに変わりはないでしょう。薬を入手することが困難な状況になった場合、ネット販売は非常に便利なシステムと言えるでしょう。また、他人に知られずに購入できるという面もメリットと言えます。ラミクタールが切れてしまって不安だ、購入していることを周りの人に知られたくない、という人にとって、ネット販売は嬉しい存在なのではないでしょうか。
 ネット販売ではラミクタールの価格の比較や、海外からの個人輸入、ジェネリック品など、様々な商品を比べることもできるようになっています。これからは医師の処方箋にのみ頼るのではなく、自分の身体を自分で管理する時代になっていくのかもしれません。