ラミクタールの断薬支援グループ

ラミクタールを始めとする抗てんかん薬、抗うつ薬などは正しい方法で断薬を行わなくてはなりません。しっかりとした知識を持って、正しくご利用になるためのアドバイスをお伝えします。

ラミクタール画像

ラミクタールの断薬について

ラミクタールはてんかん発作、双極性障害の治療薬として2006年から日本でも販売が開始された医薬品です。双極性障害の治療の際に使用されている場合にはあまり断薬の問題はありません。しかし、てんかん発作の治療に使用されている場合には、自己判断で急激な断薬を行うと、反動から重篤なてんかん発作に見舞われる可能性があります。これはラミクタールに限ったことではありません。

てんかん発作や双極性障害の治療薬としてラミクタールを使用する場合は、服用期間が長期にわたるケースが多く通院し処方箋を入手してラミクタールを入手するという時間的な負担がかかる事になります。そのため、処方箋を必要としないネット販売で個人輸入形式で入手するケースも増えています。しかし、ラミクタールは医薬品である以上、使用方法に注意を払わなければ重篤な副作用に見舞われる可能性があります。特に初期に副作用が出る可能性が高いため、使用を開始する際には必ず医師の指示に従わなければなりません。最初は服用量を抑え、徐々に増量し副作用が発現しないかどうかを見極めながら、最大の効果が得られる服用量を決めていきます。このような適切な服用量、使用間隔を決めるためには、使用開始時に必ず医師の診察を受ける必要があります。

ネット販売を利用する場合にも、常に副作用に対しては注意をはらわなければいけません。このような注意がなされて服用されている場合には安全な医薬品です。ネット販売の際添付されてくる添付文書には必ず目を通し、注意事項を守るようこころがけなければいけません。また、ひどい副作用が出たと感じた場合には必ず医師の診察をうけ服用量の調節などの指導を受けるようにしてください。

●てんかん治療におけるおすすめ情報
病院不要のテグレトール通販
●通販は病院の処方より安価です
薬の個人輸入はあんしんで簡単